2014年 06月 15日

「ユノネホウボウ2014」3日目レポート


さてさて、1日目、2日目と続きました当日レポート。


今回は3日目、最終日のレポートです(^^)


d0223211_07334549.jpg


見て下さい、この青空っ!!(≧∇≦)

あの週間予報はどこ行ってしまったのでしょう?(笑)

あのてるてる坊主のお陰?
みんなの行いが良いから?(笑)

何はともあれ、絶好のイベント日和っ!!

朝から本当に多くのお客様にお越し頂きました!


d0223211_07305638.jpg


飲食ブースも早くから行列が…^^;



d0223211_07315283.jpg


湿度が低くて、時折 瀬戸川から風が吹いて、日陰にいると比較的涼しいのですが、
この陽射しと、コンクリートの照り返し…^^;


このジリジリくる陽射しと暑さで、かき氷が飛ぶ様に売れてました(笑)
このかき氷も参加作家の器で提供されてました(^^)


ここまで晴れなくても…ちょっとくらい曇って…(−_−;)
などと都合のいい事を思ったりして…^^;


d0223211_07313351.jpg

土曜日、日曜日は毎年ですが、小さなお子さんを連れた家族連れが
本当に多く訪れてくれます。

ワークショップには小さな陶芸家達がいっぱい(^^)
みんな真剣っ!(笑)

この姿を見るのが毎年楽しみなんです(^^)


d0223211_07311900.jpg


この炎天下で野点!?(笑)

いえいえ、ちゃんと日陰で薄茶席のワークショップをされてました。
この時は、トークイベント中。

暑かったろうなぁ〜^^;
でもこの茶箱道具でのワークショップは大人に人気でした(^^)

d0223211_07314377.jpg

カキノジンさんによるトークイベント。
陶芸家にインタビューして、いろいろ聞いちゃおう!な
ゆるゆるトークイベントも好評でした!


スリップウェアという技法の実演。


陶芸には様々な技法があり、作家それぞれ制作過程が違います。
そんな作り手の裏側をちょっと覗いて頂けたんではないでしょうか?(^^)


d0223211_07320344.jpg

日曜は本当に人出が多く、終了の17時でもまだまだ多くの方がいらしてました。


d0223211_08031491.jpg

d0223211_07322111.jpg
(ユノネホウボウ2014 会場全景)


この会場に3日間で4300人以上の方がお越し下さいました。

本当にありがとうございました!m(_ _)m




本当に多くの方々にご理解とご協力を頂きました!
この場をお借りして、深く深くお礼申し上げます!





「見て」「ふれて」「知って」「さがして」「楽しんで」


やきもの産地にぐるりと囲まれたこの地域。


この東海圏の陶芸の作り手を知って頂きたかった。


その仕事を見て頂きたかった。


その「場」となれる様、このユノネホウボウは存在します。


d0223211_18132164.jpg


ユノネホウボウのフライヤーデザインには、こんな意味が含まれてます。


三角のテントは様々な作家その人。

そのテントには足が生えてます。

この「場」で繋がり、何かを得、
自ら感じ、自ら考え、自ら行動し、それぞれの道に歩き出す。

そのきっかけとなる「場」になれる様に…。




そんな風にみんながこの「場」を理解してくれたら、
ユノネホウボウはもっといいモノになって行くと、
野田個人は信じています。






さて、約半年の間、開催までの実行委員のジタバタを(笑)
暖かく見守って頂きありがとうございました!!



次回、実行委員代表 安達 健 からご挨拶をさせて頂きます。


それを持ちまして、「ユノネホウボウ2014」オフィシャルブログは、
しばしの眠りに付きます。



「ユノネホウボウ2015」 開催決定のおりには、
また当ブログにお付き合い下さいませ(^^)






※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。





このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

広くこのイベントを知って頂く為に、

皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


[PR]

by yunone-houbou | 2014-06-15 18:34 | レポート


<< ユノネホウボウ2014 閉幕のご挨拶      「ユノネホウボウ2014」2日... >>