2014年 01月 04日

謹賀新年

ユノネホウボウオフィシャルブログをご覧の皆様へ



平成26年、明けましておめでとうございます。


三ヶ日も過ぎ、ようやく日常の暮らしに戻りつつある今日。
新たな一年の動き出しに意気入れながら、祭りのあとのような気怠さと寂しさもどこかひそむ週末ですね。

先んじて始動しています
d0223211_214192.jpg
にて今年も実行委員会代表をさせていただきます、安達健です。


先日こちらにて発表させていただいた通り
今年も6/6(金)、7(土)、8(日)の三日間の日程で開催することが決定しております。

会場は、こちらもすでにご案内しましたMパークと末広商店街ニコニコ広場
やきもの長屋から、一転しての新会場です。

ユノネホウボウの出発点であり、その雰囲気を決定付けていたあの場所を離れるということには
僕ら実行委員もぎりぎりまで悩み、その方針で進め始めてからのこのひと月にもいくらかの問題とともに、
不安が日ごと増大してきているのが正直なところです。

でも、すべてはユノネホウボウがイベントとしてより良くなることを目指しての決断です。
あえて言うまでもありませんが、
もの作りの現場にて、作り手と使い手がものを差し挟んでの対面近距離でコミュニケーションを図る
という当初のコンセプトは今も寸分変わっておりません。
しいて言えば、「より多くの人の手で作り上げるイベントにできれば」との思いが移転を押し進めたのです。

新会場はこれまでにくらべると市街中心地にあり、まずアクセスが容易く
また同時開催イベントであるArtWalk・ホウボウツタワルテシゴトなどと組み合わせた楽しみ方、
他の施設や商店との周遊も可能になりました。

つまりはユノネホウボウにて“やきものとその周辺”をじっくり濃く深く味わっていただくばかりか
ユノネホウボウを中心として、その先にも視野を広げ足を伸ばし、さらに“その周辺”を感じていただく。
すると、皆様の足もとも僕らの足もとも確かに繋がった一つの大地であることを、身をもってお分かりいただけるはずです。

イベントの運営は実行委員会とサポートスタッフたちにより進められるわけですが、
その意味で皆様もイベントを構成する要員となります。

主客、売り買い、作る使うなどといった対立関係ではなくて
みんながその当事者であること、
それをこれまで以上に実感できるイベントになるのではないでしょうか。



やきもの出展者や飲食出店者など、参加者の募集開始はまだまだこれから。
準備は始まったばかりですが、
ぜひとも開催を心待ちにしながら、ここから5ヶ月ほどの間
日々に応援いただけましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。



年頭の挨拶にかえて―

ユノネホウボウ2014実行委員会
代表 安達 健





※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



※ 「Art walk ホウボウ」とは…

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。






このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2014-01-04 22:26 | ごあいさつ


<< 募集開始日が決定しました!      開催日 及び 新会場 決定しま... >>