カテゴリ:ギンザホウボウ2013( 16 )


2013年 06月 03日

ギンザホウボウ 初日

d0223211_23581719.jpg
Art walk ギンザホウボウ 2013
今日は初日の様子など。


昨日からの続きということで次は6番
村田 祐一郎さん

ダンボール等を使って、素材の特性を生かしたおもしろい工作をつくっています。
今回は展示場所が古い写真館ということで古い大型カメラを模した「ユメノカメラ」を作られました。


d0223211_0124971.jpg
中を覗き込みながら右手のハンドルを回します。
すると・・・
これは万華鏡。ゆっくりと落ちてくるつぶ。
なにかノスタルジーをかきたてられるような作品。
他にも何点かのダンボール工作が展示してあります。

イベント最終日の9日(日)の10時から4時には、
ここでダンボール工作のワークショップ。
一回500円です。

図画工作むらた



d0223211_111532.jpg続いて7番
駒田尚人さん

かつお節を中心とした乾物屋の尾張屋さんにインスパイアされた作品です。
上ののせているのは鰹節を削る機械。
いろんな手法で表面を削るその削りくずを鰹節になぞらえて作品にしています。
作品はシンプルな台だけど、様々な技法を使った木(松材)の質感などから作者がこの木や店と重ねた応答に思いを馳せていただければと思います。
komada wood works



d0223211_1301012.jpg

8番ニシムラマホさん

セレクトショップnoveRuga(ノベルーガ)の店主飯島さんと展示するニシムラさん。
二人は意気投合のようすで搬入もとても楽しくやっています。

d0223211_292241.jpg
ニシムラマホさんは、8日(土)9日(日)
にライブペイントパフォーマンスを行うのですが、

9日の2時から10分程度、ノベルーガの飯島加奈さんが
アコースティックライブで参戦します。


アートとファッションと音楽のコラボレーションのひととき。
これは見逃せない!

ニシムラマホ

ノベルーガ

d0223211_2422916.jpg


9番阿部 未来

お茶彦さんでの展示はお茶の透き通ったみどり色に焦点を当てて、商店街内のナカイガラス制作所さんの協力のもとガラスと陶器でお茶の時間を表現してみました。
写真に写っているのはお茶彦の河本さん。

d0223211_310534.jpg


そしてついに10番、
漆畑 雅子さん

漆畑さんの作品は日毎に崩れ形が変わってゆきます。
それを観客側から記録してもらうという参加型スタイルの展示になりました。




始まってみると、想像した以上にとても良い展示になりました。
見てもらわないともったいない展示になったと思います。

中日新聞で取り上げていただいた反響もあってか昨日と今日、
最初の二日間で70人の方にスタンプラリーを廻っていただきました。

ありがとうございます。

あと一週間。たのしんでください。



【開催日の確認】

6月1日(土)からスタートは、【ギンザ ホウボウ】
6月7日(金)からスタートが、【ユノネ ホウボウ】

いずれも、9日(日)が最終日です。






何だかこんがらがっちゃいそうですが…(笑)
お間違えの無い様に、お願いします m(_ _)m




※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



※ 「Art walk ギンザホウボウ」とは…

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。






このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは・・・
ちょっと上がって来ました! 7位 と15位 です。




広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-06-03 03:20 | ギンザホウボウ2013
2013年 06月 01日

ギンザホウボウ直前準備

d0223211_2321033.jpg
スタンプラリーのはんこは今年はこんなカタチ。
なんだかちょっとおいしそうかな?
ちょっと変わってるけど、意外と持ちにくくないんですよ。

d0223211_233065.jpg
ギンザホウボウついに今日からはじまりました
昨日一昨日そして今朝。やはり準備におおわらわ。
看板や掲示物、作品キャプション、展示物の制作などなど。

駅前のオブジェ。ユノネ及びギンザホウボウの存在を尾張瀬戸駅前にてアピールします。


昨日と今日の朝が作品搬入。
d0223211_23595197.jpg
スタンプラリー1番のギャラリー阿んでは前田薫さん。ガラスのショーウィンドウの中を思い切って空っぽに。
床を張りガラス玉を嵌め込んだ部分壁を作ってお客さんにショーウィンドウに入ってもらいます。
普段は外から見るところから、ガラス玉越しの世界を見てもらいます。

「視覚」をテーマにしたミニマルなインスタレーションアートです。
前田さんは吹きガラスでグラスやお皿を作る一方で、深いテーマ性を持った表現をもしているガラス作家なのです。

d0223211_0294443.jpg
その向かいのギャラリーもゆでは
スタンプラリー2番の小島寛道さんの搬入です。
軽ワゴンの荷室ギリギリの大きさの重い大理石の彫刻。
材木をレールに梃子を使って、車から降ろす作業は見ているとなんだか一種のスポーツ観戦の様。
手に汗を握りながら応援したくなります。
手前で背中を向けているのが小島さん。
一緒に写っている帽子の人はスタンプラリー7番の駒田尚人さん。
ちょっとこちらの搬入のお手伝い中。


d0223211_12535.jpg
次に細い路地を入っていく古民家久米邸が3番。
彫刻・インスタレーション作家の清藤隆由さんです。
作品は前庭の石タイルのステージの上。
足とポケットがいっぱいあるなにやらふしぎな生物?が
大きな葉を広げる桐の木の枝と接続しています。
見たことのないものだけど、本格的なアートだけど何となくユーモアが感じられて親しみやすい感じだな、と思います。
この木と作品はどういう関係なのだろう?とかこのポケットの意味は?とか
いろいろ想像力を刺激されます。


d0223211_1543918.jpg続いて4番のひげにいにに展示するIrodoriさんは展示スペースを作るために模様替え中。
カメラを向けるとおどけるノリのいい若いオーナーさん。
緑色のエイリアンみたいな「ひげにいに」の作品とは相性よさそう。



d0223211_2112123.jpg
5番のかわらばん家一階奥の茶室「壱坪の宙」では近藤葉子さんの展示。
二階ではギンザホウボウのグループ展もあり、スタンプラリーの記念品引き渡し所にもなっていて見どころが多いところなので、うっかり茶室を見落とさないようご注意ください。
見落とされないようにと茶室にパネルをはる近藤葉子さん。
コンパクトでミニマルな茶室の空間での展示は作品の世界に静かに深く浸ることができます。d0223211_2114435.jpg


かわらばんや二階では参加作家の小作品の展示販売やポートフォリオなどがあります。
バラエティに富んだ見応えのある展示になったかな、と。
d0223211_2144849.jpgd0223211_2151030.jpg


作品リスト製作中
d0223211_2332166.jpg
フラッグ設置。高さはこのくらいでいいかな?
d0223211_235925.jpg

と、今宵はここまで。明日に続きます。







【開催日の確認】

6月1日(土)からスタートは、【ギンザ ホウボウ】
6月7日(金)からスタートが、【ユノネ ホウボウ】

いずれも、9日(日)が最終日です。






何だかこんがらがっちゃいそうですが…(笑)
お間違えの無い様に、お願いします m(_ _)m




※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



※ 「Art walk ギンザホウボウ」とは…

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。






このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは・・・
ちょっと上がって来ました! 7位 と20位 です。




広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-06-01 23:38 | ギンザホウボウ2013
2013年 05月 30日

「Art walkギンザホウボウ2013」いよいよ土曜日からですっ!

もう梅雨入りしてしまいましたね^^;

何だかお天気が心配ですが、こんな天気吹き飛ばしちゃえっ!
って感じで ブログ更新です!☆(笑)




と、ここでお問い合わせのメール等をいただいたので再度確認です!




【開催日の確認】

6月1日(土)からスタートは、【ギンザ ホウボウ】
6月7日(金)からスタートが、【ユノネ ホウボウ】

いずれも、9日(日)が最終日です。






何だかこんがらがっちゃいそうですが…(笑)
お間違えの無い様に、お願いします m(_ _)m









と、いう事で… ユノネホウボウの1週間前から始まる


「Art walkギンザホウボウ2013」

いよいよ今週土曜日から始まりますっ!(≧∇≦)






「Art walk ギンザホウボウ」とは、

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。

陶器のみ、3日間のテント市であるユノネホウボウに先立って
ギンザホウボウは一週前の土曜日にあたる6月1日(土)から
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から湯之根に向かう道すがらにある銀座通り商店街で開催します。

商店街のお店の中や外で、いろんなジャンルのアート作品を巡るアートスタンプラリーイベントです。





土曜日からの開催に向けて準備が着々と進んでおります!

スタンプラリーに使うスタンプも完成っ!

d0223211_10215710.jpg


実行委員 阿部さんの手作り☆

カワイイでしょ?
楽しくなっちゃうでしょ?
やりたくなっちゃうでしょ?☆ (=´∀`)人(´∀`=)




で、スタンプラリーの記念品はこれ。

d0223211_10274226.jpg


実行委員の野村晃子さん提供 カワイイ動物ちゃん達 ♡

よっ!晃ちゃん 太っ腹っ!(笑)




そして ギンザホウボウ会期中、瀬戸銀座商店街のアーケードには

Art walk ギンザホウボウフラッグが5枚翻りますっ!

d0223211_1037170.jpg


d0223211_1039499.jpg




ユノネホウボウ実行委員、
商店街のみなさん、
地域の子どもたち皆んなが描いたものです!





どんな 5枚が出来上がってるのか…。
私、野田もまだ知りません(笑)

こちらのフラッグも是非、街中アートイベントと共にお楽しみ下さい!


さぁっ! 様々なアートとちょっと懐かしい風情の商店街を
ぶらぶらお散歩がてら 楽しみに来ませんか? (^^)

この週末は瀬戸へGOっ!ですよ〜( ´ ▽ ` )ノ





※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



※ 「Art walk ギンザホウボウ」とは…

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。






このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは・・・
あ〜ちょっと下がってしまいました^^; 12位 と14位です。




広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-05-30 10:19 | ギンザホウボウ2013
2013年 05月 18日

Art walk ギンザホウボウ2013の楽しみかた

d0223211_0371697.gif

Art walk ギンザホウボウ2013マップの表紙です。



今回のギンザホウボウは、
商店街の10の店舗に対して
10人の作家達が、
それぞれのお店の特徴や商品から、
その場所に合う作品や展示方法を考え、
お店と協力してその場ならではの展示をするというところが見どころです。



なんでもありな商店街の中から
ふとした着眼点をてこに、
日常的な生活空間をひょいとねじって
その中にある面白さや、あたりまえのなかにある不思議さ、
等々を見れるような作品が商店街の中に現れることでしょう。



そしてこの表紙、瀬戸銀座通り商店街の写真の上にならんでいる白いまる。
これはスタンプラリーのスタンプを押すところです。

つまりこの表紙がスタンプ台紙になっているのですね、じつは。
マップを見ただけではわかりにくいかな?だけど実際に作品を見て回ればスタンプがおいてあります。
なので、あ、ここにおすってこと!って思ってもらえるかな。


表紙がモノクロ写真。一見、地味なのです。
ですが、ここにカラフルなスタンプをおすことで、完成するというわけです。
想像すると、「早く押してみたい」ってわくわくしませんか?

それぞれArt walkを巡り自分のラリーマップを完成させてくださいね。


d0223211_1372035.jpgそれらをまわって10個のスタンプを集めたら、5番目中間地点のかわらばん家に戻ります。

そこで記念品がもらえます。
今年の記念品は実行委員の野村晃子さん提供のかわいい猫などをモチーフにしたものです。

瀬戸銀座通りからユノネに向かって歩く道はしばしばいろんな猫と遭遇する猫町です。
ギンザホウボウの記念に。
猫以外のものもあります。

好きなものを選んでください。限定300個です。

d0223211_1552351.gifそしてかわらばん家二階では会期中
「ギンザホウボウ展」
6月1日(土)~9日(日) 10:00~18:00 水曜休み
瀬戸銀座通り商店街 かわらばん家二階ギャラリー


開催しています。
それぞれの作家、展示協力店の展示作品とは別の面が見れる展示や、手頃な作品を買うこともできます。

商店街展示を思い出しながら、さらにもう一段深く見て楽しんでくださいね。


そのほかにも、Art walk ギンザホウボウの会期中は
名鉄尾張瀬戸駅前にはイベント案内オブジェが設置され、
アーケードには「商店街の方」、「地域の子どもたち」、「ユノネホウボウ実行委」らの描いたフラッグがひるがえり・・・
といった作品以外のみどころも満載です。

それらについては会期直前か開催直後のレポートに譲りたいと思います。

また会期最後の週末8(土)9(日)には
ノベルーガ店頭にて
ニシムラマホのライブペインティングパフォーマンス
9(日)には
原田写真館にて村田祐一郎ダンボール工作ワークショップ
も開催されます。



そうそう、会期直前になりますが瀬戸のコミュニティFMラジオ
Radio SANQ FM84.5Mhz
にてギンザホウボウのご紹介をさせていただきます。

5月31日(金)15:20~40の智子の茶室というコーナーです。

実行委ギンザホウボウ担当、阿部未来と出展作家のひとりニシムラマホが出る予定です。

電波が届くのは瀬戸と近隣の市町だけですが、サイマルラジオでも聴くことができます。





このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは・・・7位と27位です。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ









そんなわけで楽しいイベントになるよういろいろな準備ももりだくさんです。
どうぞご期待ください。
[PR]

by yunone-houbou | 2013-05-18 09:27 | ギンザホウボウ2013
2013年 05月 16日

Art walk ギンザホウボウmap

d0223211_22153346.gif

というわけで、Art walk ギンザホウボウ2013スタンプラリーのためのマップです。
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅に近い順にご紹介。

d0223211_3435226.jpg
手しごとや 阿ん (前田薫)

10:30~19:00 不定休 
陶器その他。
店主のセレクトしたこだわりの品々を扱うギャラリーショップ。

d0223211_3484952.jpg
ギャラリーもゆ (小島寛道)
blog
10:00~18:00 水曜定休
陶器その他。
女性のやさしい感性を活かした、若手作家の作品を中心に扱うギャラリーショップ。

d0223211_354482.jpg
古民家久米邸 (清藤隆由)

HP
10:00~17:30頃 火・水定休
築100年を超える古民家カフェ。
ギャラリー、雑貨、アロママッサージも。

d0223211_3564972.jpg
Irodori (ひげにいに)
10:00~18:00 火曜定休

とってもかわいい季節のお花と雑貨のお店。


d0223211_4171673.jpgかわらばん家
(近藤葉子、ギンザホウボウ展、スタンプラリー景品引き換え所。)
HP
10:00~18:00 水曜定休
30人の作家の常設展示と企画展を行うギャラリー、カフェも併設。


d0223211_402186.jpg

原田写真館 (村田祐一郎)
ステンドグラスのような窓の空き店舗。


d0223211_425564.jpg
尾張屋 (駒田尚人)

9:30~19:00 水曜定休
昭和4年創業の乾物店。
店頭で削る鰹節はひと味ちがいます。

d0223211_4122443.jpg

noveRuga (ニシムラマホ)
blog
月~金 12:00~20:00 土・日・祝 10:00~19:00
 水曜定休
今年オープンしたてのセレクトショップ。おしゃれでかわいく着やすい服。



d0223211_4231715.jpgお茶彦 (阿部未来)
HP
9:30~20:00 水曜定休

こだわりの日本茶専門店。
店頭で作る焙じ茶「陶都の香り」は瀬戸銀座商店街の風物詩。



d0223211_422630.jpg

ヤマウチカメラ (漆畑雅子)。
9:30-19:00 水曜定休
お店の中はアンティークカメラミュージアム!
御主人はハーモニカおじさん。



以上の10店舗がArt walk ギンザホウボウ2013の展示協力店です。
歴史のある老舗からオープンしたてのフレッシュなお店、そしてやはりこだわりの陶器を扱うお店、
バラエティに富みつつ、全体としての個性をもっている、かみしめるほど味わい深い商店街です。
協力店だけではなく、瀬戸銀座通り商店街としていろんな面でご協力をうけながらこの企画
は、やっています。
どうぞ楽しんでください。
「ギンザホウボウ」とは、

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。



そしてこのイベントを沢山の方に知って頂きたい!

皆様、是非宣伝告知にご協力下さい!



このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは・・・何位かな?かなりあがってきています。ありがとうございます。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-05-16 09:04 | ギンザホウボウ2013
2013年 05月 15日

Art walk ギンザホウボウ2013 作家紹介 2

昨日にひきつづきArt walk ギンザホウボウ2013 作家紹介です。

村田 祐一郎(ムラタ ユウイチロウ) -ダンボール工作-
blog
E-mail

d0223211_22181410.jpg
1978年生まれ
瀬戸窯業高校デザイン科卒業
ダンボールを中心に工作をしています。
各地で工作教室を開催しています。
覚王山参道教室、カルチャーセンターかちがわ
出張工作教室もしています。

6月9日(日)には原田写真館にて村田さんのダンボール工作ワークショップ開催です。
ダンボールの素材を活かした村田さんの工作教室はどこで見てもみんな夢中になっています。d0223211_22214320.jpg
d0223211_22232321.jpg

  6月9日(日)ワークショップ
コロコロ迷路(左) ドロロン万華鏡(右)
10時~16時(随時受付) 各500円
 


駒田 尚人(コマダ ナオト) -木工-
blog
E-mail
d0223211_2354540.jpg
STUMPTOWN
komada wood works
木でできること。日々検討中!



ニシムラ マホ -絵画・ライブペイント-
HP
d0223211_23225959.jpg

イメージの連鎖反応を微細に描き留めることで生まれる有機的な世界をテーマにした作品を制作。
「描く過程そのものが表現したいことそのもの」という思いが強く、
ライブペイント、リクエストドローイングといったパフォーマンスにもとり組んでいる。

今回のギンザホウボウでも作品展示のほか、
6月8・9日(土日)は会場「ノベルーガ」店頭にてライブペイントのパフォーマンスを行います♪



阿部 未来 (アベ ミキ) -陶-
HP
E-mail
d0223211_23453924.jpg
今回、展示場所が日本茶専門店ということなので、緑茶の透明感や緑の爽やかさを作品に取り入れたくて、ガラスを使うことを考えました。
そこでちょうど商店街にあるキルンワークのガラススタジオ「ナカイガラス制作所」さんにガラスの部材や加工をご協力願い、陶との組み合わせを試してみています。
どんな感じにできるのか、わくわく。でもちょっとひやひや。


漆畑 雅子 (ウルシバタ マサコ) -立体造形-
E-mail
d0223211_2353791.jpg
略歴
1998 富士アートセッション1998(以降毎年出品)
1998 静岡大学教育学研究科造形制作論 修了
1999 静岡大学創立50周年記念美術展 出品
2005 花と土 ふたり展(柳屋ギャラリー)
富士芸術村一周年記念展 「空をただよう」
2006 ひとひら ろくにんてん(富士芸術村)
2007 漆畑雅子 「White」展(柳屋ギャラリー)
2007 「日々、アート」展(アトリエ す)
2009 「三人展」(富士芸術村)
2011 現代美術展“モノ・ものがたり”(静岡市民文化会館)
国際陶芸フェスティバル in さまま(島田市)
2012 Art Work ギンザホウボウ(瀬戸市)


以上10名がArt walkギンザホウボウ2013の出展者です。
おもしろそうなもの、実際どんなものなのだろうと興味を惹かれるものなどありましたか?
この作家達が実際にどういう作品でギンザ通り商店街のアーケードを彩ることになるのか
期待してお待ちください。

「ギンザホウボウ」とは、

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。


明日は瀬戸銀座通り商店街の展示協力店さんたちのご紹介です。
瀬戸銀座通り商店街は素朴な人情に満ち、その一方で活気もある、とても味わい深い商店街なのですよ。

そしてこのイベントを沢山の方に知って頂きたい!

皆様、是非宣伝告知にご協力下さい!



このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは7位 と 27位。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-05-15 08:52 | ギンザホウボウ2013
2013年 05月 14日

Art walk ギンザホウボウ2013 作家紹介1

ユノネホウボウ2013の紹介につづき
今日から数回に分けてギンザホウボウ2013のご紹介です。

陶器のみ、3日間のテント市であるユノネホウボウに先立って
ギンザホウボウは一週前の土曜日にあたる6月1日(土)から
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から湯之根に向かう道すがらにある銀座通り商店街で開催します。
商店街のお店の中や外で、いろんなジャンルのアート作品を巡るアートスタンプラリーイベントです。
今日は作家紹介、前半です。

前田 薫 (マエダ カオリ) -ガラス-
d0223211_2282936.jpg

人は、寝ている時でさえ、何かを見ないではいられない。
見る、とは無意識に沢山のフィルターを通して認識する事~
だったら、何も見ない事は可能だろうか?


小島 寛道 (コジマ ヒロミチ) -彫刻-

E-mail
d0223211_2203099.jpg
金属加工等
自給自足をめざしています。


清藤 隆由 (キヨフジ タカユキ) -彫刻、インスタレーション-
HP
mail
d0223211_2493883.jpg

1970 大阪府高槻市生まれ
1994 愛知県立芸術大学美術学部美術学科彫刻専攻卒業
1996 愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
1997 愛知県立芸術大学大学院研修生彫刻専攻修了

個展
2006,2007,2008,2010   <ギャラリー早蕨(愛知)>
2011 「退化という進化ー増殖」 <ギャラリーはねうさぎ(京都)>
2012 「Growth」  <ギャラリーはねうさぎ(京都)>
2013 「Growinng Point」 <KUNST ARZT(京都神宮道)>

グループ展 ほか
1995 第16回現代日本彫刻展  <宇部市野外彫刻美術館(後 宇部市常盤公園内設置)>
1996 第6回日本現代陶彫展'96(特別賞)
1998 第7回日本現代陶彫展'98(特別賞)
2000 第8回日本現代陶彫展2000(審査委員長賞[マケット買い取り])
2003 十八人の立体表現  <ギャラリー素庵>(愛知)
2004 第8回KAJIMA彫刻コンクール(銅賞) <鹿島KIビル・アトリウム>(東京、赤坂)
2006 長久手町まちづくりセンターモニュメント設置  <愛知県長久手町>
2007,2008,2009.2010,2011,2012  ながくてアートフェスティバル (愛知) 
2011 きてみん!奥三河 <新城市湯谷温泉>,<北設楽郡東栄町>(愛知)
2011,2012 でらArt in 徳川園 (愛知)
2012 学校法人名古屋電気学園 総長 後藤淳氏 胸像制作  <名古屋市千種区 名古屋電気学園淳和記念館>
2013 瀬戸内国際芸術祭2013 開会式ファンファーレ「POPHORN」「女木桜」 <香川県高松市サンポート高松、女木島MEGIHOUSE春会期で展示>

現 愛知県立芸術大学非常勤講師

コメント
最近は「成長」をキーワードに陶土を中心に樹脂、金属、木などを使用して、立体造形、彫刻を制作しています。


ひげにいに -立体造形-

d0223211_2345810.jpg

見て楽しい架空の生物
ひげにいにオリジナルキャラクターオブジェです。
粘土で固めてからノミで削り凸凹をつけてリアル感を出しました。
見て楽しい作品です。


近藤 葉子(コンドウ ヨウコ) -陶-
d0223211_2142193.jpg

1996年 愛知県立窯業高等技術専門校修了
瀬戸の湯之根に工房を構える
陶の他に羽根などの異素材も使い
自分のイメージするものを制作。

・・・と、なんだか不思議な写真がならびました。
これらがどういう事なのか、6月1日からのおたのしみです。
今日のところは10組中5組のご紹介でした。
明日残り5組のご紹介をさせていただきますね。

そしてこのイベントを沢山の方に知って頂きたい!

皆様、是非宣伝告知にご協力下さい!



そして、このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

只今のランキングは 9位 と 32位。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ギンザホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-05-14 02:04 | ギンザホウボウ2013
2013年 03月 04日

ギンザホウボウ参加作家6名決定。そして二次募集開始。

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベント
Art walk ギンザホウボウ2013
2月28日までの一次募集でまずは6名の作家とそれぞれの展示店舗が決定しました。

ギャラリーもゆ×小島寛道(彫刻)

Irodori(花・雑貨)×ひげにいに(立体造形)

かわらばん屋(ギャラリー)×近藤葉子(陶)

原田写真館(空店舗)×村田祐一郎(ダンボール工作)

尾張屋(乾物)×駒田尚人(木工)

ヤマウチカメラ(カメラ屋)×漆畑雅子(立体造形)


以上6件の展示、確定です。
応募していただいた作家さん達には実際に瀬戸銀座通り商店街に足を運んでいただきました。
それぞれのお店の雰囲気や設置するための床の状態から、はてはお店の人に商品へのこだわりを伺うなどそれぞれに納得のいく展示場所を選んでいただけて、よい展示が出来そうです。
作家さんとの商店街ツアーの様子、写真を撮ってこのブログで紹介すべきだったと今頃気付きました!
瀬戸銀座通り商店街各店個性的で奥が深いです。
なお作家さん協力店さんのご紹介は全部の展示が決定してからあらためて行います。


そしてこの結果を受け二次募集を開始します。
未決定店舗は

手しごとや 阿ん(陶をはじめ工芸作品) 

古民家 久米邸(古民家カフェ) 

お茶彦 (日本茶販売)


以上の三店舗。
それぞれ魅力的な展示スペースを持つ素敵なお店ばかりです。

協力店資料


ギンザホウボウ2013出展者応募要項PDF
ギンザホウボウ2013出展者応募要項Word



そしてもう一軒予定にありました協力店「沖縄時間瀬戸もやい処」は店側の都合により中止となりました。
そのため現在新規協力店を一軒交渉中です。そちらも決定しましたら募集開始とさせていただきます。

残りわずかではありますがどうぞふるってご応募ください。

また
ユノネホウボウの応募もすでに二週間を切っております。
東海地方の陶芸作家の皆様、ご応募お待ちしています。





ブログランキングにも引き続き参加してます!
広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーをポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-03-04 23:43 | ギンザホウボウ2013
2013年 03月 01日

Art walk ギンザホウボウ 一次募集締切りました。

Art walk ギンザホウボウ2013
2月28日(木)でいったん一次募集を締め切らせていただきました。

3月4日(月)までに一次応募者と展示協力店の組み合わせを決定したうえで、未決定の協力店については二次募集をいたします。(残りわずかです。)

去年とはまた違った楽しい展示が集まりそうですよ。





「ユノネホウボウ」とは、

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」 東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



「ギンザホウボウ」とは、

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。








ブログランキングにも引き続き参加してます!
広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーをポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-03-01 12:56 | ギンザホウボウ2013
2013年 02月 20日

ギンザホウボウ2013 出展者募集開始です!

昨年に引き続き、開催のご案内は以前からしておりましたが、
準備が整いましたので
いよいよ

d0223211_1036996.jpg

出展者募集開始です。


「ArtWalk・ギンザホウボウ2013」とは‥

日時 : 2013年6月1日(土)〜9日(日)  火・水 休み  11:00〜17:00
会場 : 瀬戸市銀座通り商店街 商店街内協力店での展示

商店街のお店ごとに一人の作家の作品を店頭、店内で展示、展示販売等。
アート巡りマップを作製しスタンプラリーを行う。景品受け渡し所となる
「かわらばん屋」二階ギャラリーにて参加作家の合同展示。
最終金土日には商店街でのワークショップやパフォーマンスも。



やきものに限らないアート散策企画です。


出展規定など詳しいことを、PDFファイルあるいはWordファイルにてご覧いただき
添付の申込書にてご応募ください。

なお出展場所を選ぶにあたっての参考としていただく資料ページを作りました。
店舗により条件が異なりますので、必ずご覧ください。
協力店資料


ギンザホウボウ2013出展者応募要項PDF
ギンザホウボウ2013出展者応募要項Word



ファイルダウンロードのできない方は
お手数ですが事務局に直接お越しいただくか、お問い合わせください。
疑問、質問等も以下へ。


[事務局]担当:アベ
愛知県瀬戸市湯之根町やきもの長屋 ギャラリーくれい内
TEL 0561-82-0847
*土日月祝の11時〜17時のみ受付。

[お問い合わせ用メールアドレス]
yunone-houbouアットexcite.co.jp
*送信の際は「アット」を「@」に書き換えて入力ください。



なお、募集期間は短くなっております。ご注意ください。
一次募集〆切 2/28(木)
二次募集〆切 3/16(土)


各次〆切ごとに出展場所の希望を調整しますので、
お早めのお申し込みをおすすめします。




もちろん
d0223211_1193160.jpg

参加者も引き続き募集しています!
詳細ページ


よろしくお願いします!



ブログランキングにも引き続き参加してます!
広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーをポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2013-02-20 11:03 | ギンザホウボウ2013