カテゴリ:ごあいさつ( 11 )


2015年 06月 16日

ユノネホウボウ2015閉幕のご挨拶

御礼



ひと雨ごとに草木も勢い増して、空気は重みのある熱気をはらんできました。
イベントが閉幕したあくる日、
それを見届けたかのようにして、ここ東海地方は梅雨入り。

お陰様でユノネホウボウ2015は無事閉幕いたしました。

まずはご来場いただきました4千人近くの皆様、ありがとうございました。
参加してくださったやきもの作家の皆様、飲食担当の皆様、ありがとうございました。
当日にスタッフとして働いてくださった皆様、ありがとうございました。
会場提供等でご協力いただきました瀬戸の街の皆様、ありがとうございました。
サポーター様を始め、運営準備に協力してくださいました皆様、ありがとうございました。
そのほか、折々に各所方々でご助力くださった皆様、ありがとうございました。


立ち上げて5年目、新会場に移って2年目の今年は
当地でのイベントの定着とさらなる拡がりを肌で感じる3日間になりました。

出展者にはいつもの面々が並ぶ中で、新しい顔ぶれもぐんと増えたため、
作家個々の着実な成長を目撃できるとともに、新鮮な驚きにも出会える。
各ブースでは「お久しぶりです」という会話が聞こえる一方で、初めてのことに思わずもらす感嘆も同じくらい聞かれる。
安定してきた部分と、挑戦や新風の程良いミックス。
個人もイベント自体も、そういった自走のサイクルに入ったように感じられました。

お客様についていえば、
けして日常を大きく逸する心持ちではなく、普段の暮らしの延長でユノネホウボウに足を運ぶ。
よし行くぞ、という気構えの方ももちろんいらっしゃいますが
どちらかといえば散歩のような、ちょっとお買い物、くらいの意識。
その中で小さな発見やちょっとした刺激を得たい、そんな人も多く見られたような気がします。

ああしたいこうしたい、というこちら側の確かな意志が大前提ではありますが
差し出した場所で、それがどう転がっていくのかということそのものが大きな可能性です。
今後のユノネホウボウの展開が我ながら楽しみです。


これにてユノネホウボウの「2015」は終了となります。
実行委員会もひと月後の報告書作成をもって解散となるわけですが、
その実行委員を含めた我々作家の活動は、当然ながらこれからも続きます。
ユノネホウボウを経てまた一年、それぞれは作家として人としてさらに変化成長することでしょう。
そうしたことにも思いを馳せて、引き続き作り手を応援していただけたら幸いですし
お付き合いくださいましたらなお嬉しく思っています。


今後ともユノネホウボウで得られたなにがしかを、
偶然にも場を共有しえた者それぞれがそれぞれの場で大切に温め、携えて、
また次の場にて持ち寄ることができたらそんな素敵なことはありません。

きっかけの場としてのユノネを信じて、いつかどこかで…

本当に有り難うございました。




ユノネホウボウ2015実行委員会
代表 安達 健








「 ユノネホウボウ2015 〜やきものとその周辺〜 」

2015年6月5日(金)6日(土)7日(日)
10:00〜17:00 (少雨決行)
愛知県瀬戸市にて 今年で5回目の開催です。





※「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の陶芸作家を探す「場」 として開催するものです。






このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

広くこのイベントを知って頂く為に、

皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m



[PR]

by yunone-houbou | 2015-06-16 22:09 | ごあいさつ
2015年 01月 09日

来る春、そして初夏に向けて

「ユノネホウボウ2015」開催決定に際して




日頃お世話になっております皆様、
あるいは初めましての方々もいらっしゃるでしょうか、
寒中お見舞い申し上げます。

あらためまして、
昨年の12月に新たなメンバーにて始動しましたユノネホウボウ2015実行委員会。
その代表を今年も引き続き務めさせていただきます、安達健です。


前回より新天地へと舞台を移したユノネホウボウは5年目。
新会場での確かな手応えと、いくらかの課題も見えた2014をふまえ
いよいよ「ユノネホウボウ2015」に向けた活動が本格化していることを、
まず皆様にご報告します。


作り手から使い手へ、作業場からお茶の間へ。
その臨場感と双方向性をテコに
作家と作家もの、生活者とその暮らしを伝え合い、繋ぎ合い
生産者×消費者という対位関係ではない、ともに生きる当事者同士という
共有共創感覚を育てていきたい。

互いが互いの生を知り、理解するきっかけの場、
あらたな息吹と次への予感に満ちた場が
また今年も6月の初夏の空の下、瀬戸川沿いにて開かれます。




これより少しずつ春へと解きほぐれ、沸き立たんとするエネルギーが満ちていく季節。
ユノネホウボウ2015にもその日に向けて多くの方々の力が注がれます。

時は1月ですので、まだまだ先のことのようにも思われますが
ぜひとも当ブログやオフィシャルサイトでの活動状況にご注目いただき、
ご期待を存分に膨らませつつ、当日をお待ちいただけたなら、主催する我々にとって嬉しい限りです。

どうぞ皆様もユノネホウボウの活動に自らが参加するくらいのお気持ちで
応援、ご助力くださいませ。
よろしくお願いいたします。





平成27年1月7日

ユノネホウボウ2015実行委員会
代表 安達 健








※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。




このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

広くこのイベントを知って頂く為に、

皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m









[PR]

by yunone-houbou | 2015-01-09 11:29 | ごあいさつ
2014年 06月 17日

ユノネホウボウ2014 閉幕のご挨拶

ユノネホウボウ2014 閉幕のご挨拶




昨年12月より始動、準備してきました「ユノネホウボウ2014」が、このほど無事閉幕いたしました。

何よりご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
やきもの出展者様、飲食出店者様、ご参加ありがとうございました。
ユノネホウボウへのご理解をいただき、会場設備等に協力いただきました方々、
サポーターとして支援してくださいました方々、
そうでなくとも、多大な応援とご助力をくださいました方々、
ありがとうございました。


今年は街中に会場を移しての開催となり、最後まで不安が尽きませんでしたが
荒天を寄せつけない参加者の方々の想いと、来場者様の願いが届き
想定以上の人出で賑わった三日間でした。

また、初めて出展する作家も多かった中で
それぞれの“周辺”をも含めた展示の質は高く、
満足していただけるものであったかと思います。

あらためて、東海圏のやきものの充実とバラエティを感じる内容でした。


こうして多様な関わりの中から生まれた2014年のユノネホウボウにて
ひとたび得られた繋がりが、またその先、明日へと結ばれていくことがあれば
主催側としてこれ以上ない喜びです。
イベント「ユノネホウボウ2014」は閉幕しましたが、
各作家はもうさっそく次へ向けて動き始めているはずです。
今回をきっかけとして引き続きそれぞれの活動にご注目いただき、
さらなるお付き合いをくださいますようお願い申し上げます。


これにて実行委員会の活動は一段落となります。
来年「~2015」の開催を目指して新実行委員会が立ち上がるまで、ひとまずのお別れです。
とはいえ、その間どこかでまたふと思い出してもらえるようなイベントであれたなら、嬉しいかぎり。
今後ともユノネホウボウを頭の片隅に忘れず、心のうちにでも応援し続けてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。







ユノネホウボウ2014実行委員会
代表 安達 健
[PR]

by yunone-houbou | 2014-06-17 22:52 | ごあいさつ
2014年 06月 13日

募金の報告と御礼

現在こちらのブログでは【ユノネホウボウ2014】の3日間のまとめレポート記事を掲載していますが、途中ではありますが、募金の報告をします。

今年の会場内には【〜3.11を忘れない為に〜 ウツワノチカラProject】という募金ブースを設けました。

d0223211_1429429.jpg


このブースは、
500円の募金をして、
ひとつの器(作品)を手にする事によりあの日への想いをカタチに残し、
その募金は陶ISMによってカタチとなって、
震災で被害にあった方の【チカラ】にかわり、
笑顔がひとつ増える

という気持ちと願いを込めて、設置させて頂きました。

ユノネホウボウ2014に出展して頂いた作り手の方は、このプロジェクトに賛同頂き、器を快く提供して下さいました。
そして、ご来場者の多くの方に¥500の募金をしていただき、器を手にしていただく事が出来ました。

途中、かなりの数提供頂いた器(作品)が無くなってしまい、活動の紹介のみになってしまいましたが、それでも募金をして頂ける方が多く、感動と同時に大変大きなチカラを頂きました。

器を提供いただいた陶芸家の皆様、
ご来場いただき募金していただいた皆様、
本当にありがとうございました
【ユノネボウボウ2014実行委員】一同、感謝の気持ちで一杯です。

集まった募金は¥129,925でした。
昨日これをすべて【ウツワノチカラProject】の活動をしている【陶ISM 実行委員会】宛に送金しました。

d0223211_1433823.png



最後になりましたが、【陶ISM】 代表 二階堂明弘さんからメッセージが届いていますので、掲載させていただきます。


この度は多大な御支援本当にありがとうございます。

皆様に支えられ「ウツワノチカラ」も活動をはじめて三年の月日が流れました。

被災地に通う中
復興という言葉が虚しいほど
変わらない現状を感じます

そんな中でも嬉しい事や
楽しい事もあり
2012・2013年と器を届けてきた大船渡市の越喜来というところで
「寄付ではなくうつわを買いたい」という声をいただき
「ウツワノチカラ」として陶器市を開催する事が出来ました
(このイベントには寄付金を一切使用していません)

くしくも、「ユノネホウボウ」が開催された同じ日に

「越喜来芸術祭+ウツワノチカラ+シェリーのラフラブハウス」と名付けられたこのイベントは地元の高校の太鼓部や様々なアーティストの演奏に芸能人のシェリーまでかけつけて大いに盛り上がりました

今までうつわを届けきた事が
一つ繋がった結果でした

しかしこれは帰結ではなく
はじまりなのだと強く思います

元通り戻ることはない
復興ではなく新たに興す
そのチカラがこれから必要なのだと感じます

とはいえ越喜来での動きは
特異な例だとも感じています


進まない仮設からの移設
減っていくボランティアと支援物資
そんな話も聞こえてきます

まだ三年……
十年一区切りともいいます

本当に大丈夫だと思える時まで
出来る限り
うつわを届けていきたいです



ユノネホウボウの作家の皆様
そしてご協力してくださったお客様
ありがとうございます

二階堂明弘


陶ISM HP





※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ



ユノネホウボウ オフィシャルサイト


ユノネホウボウ Facebookページ





【同時期開催イベント】

Art walk ホウボウ Facebookページ

ツタワルテシゴトFacebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2014-06-13 14:59 | ごあいさつ
2014年 01月 04日

謹賀新年

ユノネホウボウオフィシャルブログをご覧の皆様へ



平成26年、明けましておめでとうございます。


三ヶ日も過ぎ、ようやく日常の暮らしに戻りつつある今日。
新たな一年の動き出しに意気入れながら、祭りのあとのような気怠さと寂しさもどこかひそむ週末ですね。

先んじて始動しています
d0223211_214192.jpg
にて今年も実行委員会代表をさせていただきます、安達健です。


先日こちらにて発表させていただいた通り
今年も6/6(金)、7(土)、8(日)の三日間の日程で開催することが決定しております。

会場は、こちらもすでにご案内しましたMパークと末広商店街ニコニコ広場
やきもの長屋から、一転しての新会場です。

ユノネホウボウの出発点であり、その雰囲気を決定付けていたあの場所を離れるということには
僕ら実行委員もぎりぎりまで悩み、その方針で進め始めてからのこのひと月にもいくらかの問題とともに、
不安が日ごと増大してきているのが正直なところです。

でも、すべてはユノネホウボウがイベントとしてより良くなることを目指しての決断です。
あえて言うまでもありませんが、
もの作りの現場にて、作り手と使い手がものを差し挟んでの対面近距離でコミュニケーションを図る
という当初のコンセプトは今も寸分変わっておりません。
しいて言えば、「より多くの人の手で作り上げるイベントにできれば」との思いが移転を押し進めたのです。

新会場はこれまでにくらべると市街中心地にあり、まずアクセスが容易く
また同時開催イベントであるArtWalk・ホウボウツタワルテシゴトなどと組み合わせた楽しみ方、
他の施設や商店との周遊も可能になりました。

つまりはユノネホウボウにて“やきものとその周辺”をじっくり濃く深く味わっていただくばかりか
ユノネホウボウを中心として、その先にも視野を広げ足を伸ばし、さらに“その周辺”を感じていただく。
すると、皆様の足もとも僕らの足もとも確かに繋がった一つの大地であることを、身をもってお分かりいただけるはずです。

イベントの運営は実行委員会とサポートスタッフたちにより進められるわけですが、
その意味で皆様もイベントを構成する要員となります。

主客、売り買い、作る使うなどといった対立関係ではなくて
みんながその当事者であること、
それをこれまで以上に実感できるイベントになるのではないでしょうか。



やきもの出展者や飲食出店者など、参加者の募集開始はまだまだこれから。
準備は始まったばかりですが、
ぜひとも開催を心待ちにしながら、ここから5ヶ月ほどの間
日々に応援いただけましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。



年頭の挨拶にかえて―

ユノネホウボウ2014実行委員会
代表 安達 健





※ 「ユノネホウボウ」とは…

東海圏の作家自らが企画運営し
作り手と使い手を結ぶ「場」
東海圏の作家を探す「場」 として開催するものです。



※ 「Art walk ホウボウ」とは…

やきもの、器に限らず 様々なジャンルのアートを 地元商店街の協力店舗に展示し、
少し懐かしい街の風情を楽しみながら アートに親しむ街なかアートイベントです。






このオフィシャルブログは、ブログランキングに参加しています。

広くこのイベントを知って頂く為に、皆様、下のバナーへ応援クリックをお願い致しますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ


ユノネホウボウ Facebookページ

Art walk ホウボウ Facebookページ
[PR]

by yunone-houbou | 2014-01-04 22:26 | ごあいさつ
2012年 07月 15日

皆様へ 「ユノネホウボウ2012」を終えて。

大変ご無沙汰となってしまい、申し訳ありません。
12名の実行委員を代表しまして、安達です。

遅ればせながら、「ユノネホウボウ2012」へお越しくださいました皆様、
ご参加、ご協力くださいました皆様へあらためてご挨拶したく、久方ぶりの更新となりました。

あれから瞬く間のひと月。
ようやく先日、イベント報告書の作成が完了し
実質的な実行委員の活動も万事が終了いたしましたことを
まずお知らせします。




もう一歩その先に。

見慣れた「もの」の背景には何があるのか。


個人作家による陶磁器をその作り手本人が直接アピールする、というこの意義深いイベントは
今年もまた多くの方々に支えられ、盛況の中で無事に閉幕することができました。

昨年に続きお越しくださいました皆様も、
やきものそれぞれにある背景を、より深くご覧いただき
その多様性に富んだもの作りを存分に感じていただけたのではないでしょうか。

今回初めて足を運んでくださいました方々にとっては、
もの作りの臨場感満ちた会場が、驚きのものと映ったかもしれません。

そこに在るのが当たり前と、意識にすら上らなかった「もの」の後ろ側には、
それぞれに一人一人作り手がおり、それぞれがそれぞれの労と思いを懸けて、そこに差し出している。
それこそ、当り前のようにして。

そんな「もの」たちに囲まれて生きること、そのなんと豊かなことか。


あの日あの場所で「ユノネホウボウ2012」をすごした皆様なら
実感を持って受け止めていただける価値観だと思います。

それをひとつの拠り所にして、さらに作り、生きる人がこんなにもいて
そこに共鳴し、そのうえに暮らしをすえたいと願う人がこんなにもいるということに
主催の僕自身もあらためて感じ入る二日間でした。



今年のユノネには、
前回を産声とすれば、ひとりでに立ち、歩き出しつつある姿すら見えそうな充実があったように思います。
ひとえに、実行委員を始めとする参加作家皆様のより良き方にとのたゆまぬ希求と
お客様として携わる皆様の温良で無垢なる願いが場を育んだものと思っています。
ありがとうございました。


今回もアンケートや直接のお話からたくさんのご感想、ご意見を頂戴しました。
同時に、多くの共感や応援も寄せていただいています。
それらを見返し、思い返すにつけ
ユノネホウボウにはまだまだ進む先がある、という期待に満ちた展望と、
僕ら作家ものとそれを取り入れた暮らしにもきっともっと明るい未来がある、という希望を
見出すことができます。



これをもって、ユノネホウボウ2012実行委員会は任を終え、ひとまず解散することとなりますが、
我々一同、頂いたこのポジティブなエネルギーを糧に
次に集う機会まで、もの作る毎日を前向きに積み重ねていけそうですし、
皆様においても、「もの」との日々をより楽しみ、たとえささやかであれ豊かな生活を送っていただけましたら、幸いです。



もうすでに、「ユノネホウボウ」は次を模索し始めています。
いつどこでどのような形での開催になるかについては、さすがにまだまだ明言できませんが、
皆様にはより早く情報をご提供できるよう、先に、先にを見つめ、努めてまいります。
次回、「ユノネホウボウ」がどのように成長し皆様の前へと姿を現すのか、
どうぞ親類縁者のお一人のようなお気持ちで、引き続き温かく見守っていただけましたら、親としてとても嬉しいです。

そして
その時その会場でお会いすることはもちろん、
他の時、他の場所あるいは他のイベントでもお会いし、
ユノネをきっかけとしたいろいろなお話ができますことを祈っています。



皆々様、本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします。





ユノネホウボウ2012実行委員会 代表
安達 健
[PR]

by yunone-houbou | 2012-07-15 15:34 | ごあいさつ
2012年 06月 10日

ブログランキング 1位にっ!!



な、な、なんとっ!!

「にほんブログ村 陶芸人気ブログランキング」 で、


なんとっ!
1位になりました~っ!!




とうとう1位ですっ!!

これも皆様の応援クリックのおかげでございますっ!!

本当にありがとうございます!m(__)m


引き続き 皆様の応援クリック、お願い致しますっ!! m(__)m


皆様、下のバナーをポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


工芸 ブログランキングへ
[PR]

by yunone-houbou | 2012-06-10 01:24 | ごあいさつ
2012年 01月 23日

ユノネホウボウ2012開催決定!

一昨日、今年初めての実行委員ミーティングが行われユノネホウボウ2012の開催が決定いたしました。


「ユノネホウボウ2012 −やきものとその周辺−」
日時: 2012年6月9日(土)、10(日) 両日とも10時〜17時
会場: 湯之根やきもの長屋敷地内(愛知県瀬戸市)




現段階で発表できるのはここまでですが
昨年ご好評いただいた、陶磁作品の野外展示と即売をメインに
前回以上の充実と面白味のあるイベントとするため、その他新たな小企画も検討中です。
ご期待のうえ、今後の内容詳細のリリースをお待ちください。




作家がそれぞれの仕事の合間をぬって、自ら作り上げていくイベント、「ユノネホウボウ」の第2回。

市街地でもなく、観光地でもない、もの作りの現場で
作家本人が直接、お客さまの目の前に立ち
自分のものを自分で並べ、手渡す。

「こういう人がこういうものを作っているんだ」
そして、
「こういうふうに、こういう想いで作っているんだ」
そんなことを肌身で感じられる二日間となります。


2回目となる今回は、お客さまにもう一歩踏み込んできてもらえるようなイベントにしたい、と
実行委員一同張り切って動き出しております。

開催当日まで5か月。
ぜひこれからのこのブログでのお知らせと実行委員あるいは各作家の活動にご注目いただき
応援なりしていただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。





この国の暮らしは、新たな局面を迎えています。
そんな日々の中で、取り巻くものの成り立ちを知り、楽しむことがとても大切になってきている、
個人的にそう思っています。

作り手とは、その成り立ちにいる人。
作家との密な繋がりはきっと、あなたの暮らしをちょっとだけでも豊かに見せてくれるはずです。

そのきっかけのひとつとして、ユノネホウボウ2012へぜひお越しください。



ユノネホウボウ2012実行委員 代表
安達健




ユノネホウボウ2012実行委員会

安達健  阿部未来  伊藤千穂  遠藤隆宣  岡山富男  加藤輝雄  
加藤智裕  野田里美  野村晃子  堀田麻衣子  村上祐仁  山田隆太郎



*作家の皆様へ
すでにお問い合わせもいただいておりますが、出展者の募集は内容詳細が固まってからの開始となります。
もうしばらくお待ちください。
こちらのブログでお知らせとともに資料および申込書もダウンロードできるよういたします。
よろしくお願いします。




d0223211_23545093.jpg



ランキングに参加してます。
たくさんの方に知って頂けますように、応援クリックお願いしますm(__)m


工芸 ブログランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
 
[PR]

by yunone-houbou | 2012-01-23 23:55 | ごあいさつ
2011年 12月 26日

「ユノネホウボウ」 そろそろ動き出しますっ!!

 
皆様、大変ご無沙汰しておりましたm(__)m
 
ブログ担当 野田でございますっ!



皆様、いかがお過ごしでしたか?

お変わりありませんでしょうか?



私、野田は相変わらず要領悪くバタバタしております(^^;)


 
 
今年の6月の「ユノネホウボウ 2011」から
早くも半年が経ちました。


 
 
そして、そろそろ動き出します…

 
「ユノネホウボウ 2012」(仮)っ!! 



 
先日、実行委員?(未定)達で集まってプレミーティングを行いました。
 
まぁ、つまりミーティングを兼ねた忘年会ですっ!はいっ!(笑)

 
 
 
本格始動は 1月から。
 
改めて、実行委員代表 安達より、ご挨拶させて頂きます! 

 
 
 
よりよいイベントにするべく、来年も実行委員一同、頑張らせて頂きますっ!!


 
 
皆様も、私達のジタバタを見守って頂き、

そして遊びに来て下さったら幸いです emoticon-0100-smile.gif



 
 
では皆さま、良い年をお迎え下さいませ。
 
来年は穏やかな1年で有ります様にと願いつつ…。



                  ブログ担当(の予定 笑)野田
[PR]

by yunone-houbou | 2011-12-26 12:21 | ごあいさつ
2011年 06月 30日

「ユノネホウボウ2011」に関わってくださいました皆様へ

「今、まわりにはこんな作家がいて、こんなものが作られている。」


“もの作りの裏側には作り手の人生がある”




そういったことを自ら発信する、それを目的に始まったユノネホウボウの企画。

薄闇を手探りで進んできたこの半年が、ついにここまできました。


闇だと思っていた先が、いっぱいの光に溢れているということ
そこには価値観と思いを同じくしている人がたくさんいるのだということ

6月の梅雨のただ中の湯之根には
そう感じさせてくれる空間と時間が、確かにありました。



メリット云々を打ち出せないままにもかかわらず
慣れない仕事に労を惜しまず、尽くしてくださった実行委員一同

前例もなければ、なんのお約束もできない「場」に
作り手としての精力を快く注いでくださった出展者の皆様

顔すら合わせたことのなかった僕らを信じ、
力を貸してくださったボランティアスタッフの皆様

僕ら主催者の稚拙ながらにも強い思いに
応え、広報面など助力くださった諸関係者様

そしてなにより
天候の不順さをものともせず、貴重な休日を割きわざわざ足をお運びくださいました
方々のたくさんのお客様

本当に有り難うございました。



以上にあげさせていただいた皆様によって
あの素敵な二日間が作られました。

作家1人でも、12人の実行委員でも、45組の出展者でもけして成し得ないことも
800名近い人の力が合わされば、ああしてひとつの形に結ばれる
そういう証明ができたイベントとなりました。

いち参加者として、とても楽しかった。
皆様に感謝感謝です。




イベント主催側として、出展者として、あるいはひとりのお客として
いたらなかった点が少なくなかったことは自覚しています。

でもこれは出発点。
あくまでも最初の一歩。

踏み出した一歩はもう引っ込みません。
次の、その次の一歩二歩が必ずやあります。

次の一歩はもっと良く。次の一歩はさらに楽しく。
そうして積み重ねていけばきっと、歩んだ背後は道となり、見据える先にも道がのびる。

「ユノネホウボウ」はそうして続き、育つものと信じています。



「2011」は今日をもってひとまずのブログ更新ストップ。
近く報告書を仕上げ次第、実行委員会も解散となります。

とはいえあの日あの時の800余名が、どこぞかにいなくなるわけではございません。

それぞれがそれぞれの暮らしの中で、今日のこの思いや価値観を失うことなく、育て
また来年同じ「場」に集わせることができたら、
「ユノネホウボウ2012」はよりいっそう素敵なものに出来上がることでしょう。

そんな期待と希望に満ちた日々が、また明日から始まる
それが今の偽りない心境です。


皆様も頭の片隅で、そう思っていただけましたら幸いです。





来年の「ユノネホウボウ2012」の開催は確定しております。

内容がどういったものになるかの一切はまだまだこれから。
「2012」実行委員会は、本年12月に立ち上げ予定です。

実行委員会が発足し次第、このブログは再始動しますし
それ以前にも、後援であるギャラリーくれいさんのHPにて
随時情報が流されるはずです。



どうぞ今後とも、ホウボウのやきものとその周辺に
ご注目と応援のほどを、よろしくお願いいたします。



それでは、またお会いできる日まで。
謝意を込めて。



これにて「ユノネホウボウ2011」、閉幕です。





2011年6月30日   
「ユノネホウボウ2011」実行委員代表  安達 健
[PR]

by yunone-houbou | 2011-06-30 23:27 | ごあいさつ